web制作業者に依頼する

サイトのイメージをリスト化して業者に伝える

web制作は必ずしもサイト運営者が自ら行う必要はありません。誰かに頼んで作ってもらったサイトを運営しても問題ないのです。では、誰に頼めばいいのかというと、できれば友人や知人に頼むよりもweb制作業者に頼んだ方がいいでしょう。というのは、知り合いに頼むとギャラや納期などでもめてしまった場合、その後の人間関係にも問題が出てしまうからです。では、web制作業者にどうやって依頼すればいいのかというと、まずは作ってほしいサイトをイメージし、その特徴をリスト化しましょう。たとえば、「会員制のサイトにしたい」「ブラウザを通じてサイトの更新をしたい」といった感じです。リストの内容が具体的であればあるほど、業者はおおよその制作日数や料金を答えやすくなりますし、制作もスムーズになります。

一番安く請け負ってくれる業者がベストとは限らない

サイト制作を依頼する業者は早々に一社に絞る必要はありません。いろいろな制作業者のサイトを見て、よさそうなところに片っ端から見積もりを出してもらいましょう。まったく同じ条件で見積もりを依頼しても制作料金は業者によって異なります。すべての業者から「当社ならこの日数と料金で可能」といった返事が届いたあと、特定の業者に絞ることになりますが、この際、「一番安いからこの業者に頼もう」と、安易に決めないことが重要です。web制作業者であれば、どこでもサイトのデザイン能力や構築能力は一緒というわけではなく、各社で能力も異なります。料金は安いがサイトデザインも安っぽいということだと、「結局、自分で作った方がよかった」ということになりかねません。